コストの大幅な削減と勾配の見える化で無駄を省き、教育・研究に集中できる環境を創出 国立大学法人神戸大学 財務部契約課 調達グループ

国立大学法人 神戸大学 神戸市灘区六甲台1-1(本部) http://www.kobe-u.ac.jp/

目次

01 導入の経緯 導入の費用も手間も不要で、コストを各日に削減

 六甲山の豊かな緑と異国情緒漂う港に囲まれた、100年以上の歴史を持つ神戸大学様。1902年に創立された神戸高等商業学校を起点に永い伝統を有し、現在も名門校として約1万7千名の学生の学び舎となっています(2014年5月時点)。
 神戸大学様が“国立大学法人”と、その名の通り法人化したのは、今から10年前となる2004年のこと。それを機に国からの運営費交付金が年々削減されることとなり、支出を抑え限られた予算を教育・研究に集中させるため、コスト削減が大きな課題となりました。
 そして2010年になると、全学を挙げてコスト削減に取り組むプロジェクトを発足。神戸大学様の各学術系列及び各事務部等からそれぞれ推進職員を募り、日々アイデアを出し合い実行に移す約20人からなるコスト削減プロジェクト推進会議、通称『コストサクゲンジャー』が結成されました。その中心となる財務部契約課の課長、畑基様にお話を伺いました。

「財務部契約課を中心として、各部局が一体となって全学的なコスト削減を推進しています。一般的な節電をはじめできることはすべて行っていますが、他にもさまざまなアイデアを実現しています。例えば神戸大学が中心となって、全国初の試みとなる国立、公立、私立大学間における共同調達に関する協定「神戸市内の国公私立大学間連携による物品等の共同調達」を締結し、コピー用紙やトイレットペーパーなどのスケールメリットを生かした共同調達を実施したり、また事務局で使用する封筒の裏面(学校としては使用目的のない)スペースを有効活用し、有料広告を掲載していただく民間企業等を募集して、自己収入を確保した上で封筒作製経費(支出額)に充当補填することにより結果的にコスト縮減を図るなど、常に新しいことに取り組んでいます」

 そのような取り組みを進めていた2013年2月に、ソロエルアリーナ導入の検討が始まりました。財務部契約課調達グループの福田周平さんは、導入についてこのように語ってくださいました。

「とにかくコスト削減の大きさが魅力的でした。教職員だけでも3千6百名ほどいるため、ソロエルアリーナのボリュームディスカウントで大きくコストが下がる期待がありました。本学は各部局の予算内で独自に発注するシステムで、元々アスクルを利用している部局も多くありました。ソロエルアリーナは注文時の操作性が通常のアスクルのWebサイト注文とほとんど変わりなく利用できることも決め手でした。部局への細かな説明もエージェントさんが個別に丁寧に対応してくださり安心でした。さらにいいますと導入費用・ランニングコストもかからないとのことで、これは導入しない手はないとすぐに決定に至りました」

 そして、約8ヶ月後となる10月に運用を開始されました。

コスト削減関連情報掲示板

全学コスト削減プロジェクトに関する取り組みや『コストサクゲンジャー』の活動は、学内教職員用ホームページへアップするとともに、専用の掲示板にも随時掲示されています

財務部契約課の福田周平様

全学コスト削減プロジェクトの使命を担う、財務部契約課の福田周平様

次のページ「導入の効果」へ >